2010年02月14日

視力は「回復」できます

視力は「回復」できます

視力は「回復」できます!「治せる」のです!手術しないで自宅でできる視力回復法をご紹介します。









全てがそうだとは言いませんが、なかには、患者のコンタクトレンズの処方度数を毎回のように上げる眼科医もいます。
その結果、知らないうちに視力低下が進んでしまったという患者さんがあとを絶ちません。

あなたも、眼科医やコンタクトレンズ店でこんなことを言われた覚えはありませんか?


つまり、
「メガネをかけたり外したりするのは、目によくない」
「度を強めなければ、視力がもっと悪くなる」
と、メガネの常時着用や度数を強めることを勧める眼科医の発言とは全く正反対の実験結果なのです。

人間でも動物でも、どういう状況であれ、その状況の中でよく見えるようにしようとする働きを持つものだから、当然といえば当然です。

度数の強いメガネをかければ、強い近視になってしまいます。
言い換えれば、何個かメガネをつくり替えるうちに、視力低下が進行してしまったとも言えるのです。




地震や火災に見舞われたとき……
あるいは事故に遭遇したとき……

メガネがなければどうしようもない視力であれば、
命に関わります。
例えば、飛行機でトラブルになったとき、
脱出する際にはメガネを外すように言われるそうです。
気圧の変化や風圧でレンズが破損する恐れがあり、
危険だからだそうです。
メガネなしで海や山に投げ出され、
あなたは生き残る自信がありますか?

そこまでの極限状況でなくても、メガネや
コンタクトレンズの生活は、普段の生活にも
様々な支障をきたしますよね。

あなただけでなく、子供さんの視力が悪かった場合、その未来にも大きく影響します。
自衛官や警察官、パイロットなど、視力が要求される職業もあり、視力の悪いことは、大切なお子さんの将来を狭めてしまうことにさえ、なりかねません。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法




「悪くなったものなら、また良くなる」と私は考えています。
これは生体の仕組みであり、私、本部千博の眼科医としてのポリシーでもあります。


眼科医としての長年の研究から、

「目の筋肉を鍛えると視力は回復していく」ということがわかってきました。

眼球の内側には水晶体(レンズ)の厚みを調整してピントを合わせる
「毛様態筋」があり、眼球の周りの「外眼筋」という筋肉が眼球を、
上下左右に動かしています。

近くを見るときは、「毛様態筋」が緊張してレンズが厚くなり、同時に
「外眼筋」は、両目の眼球が内側を向くように働きます。
反対に遠くを見るときは、「毛様態筋」が弛緩してレンズが薄くなり、
「外眼筋」は両目の眼球が正面を向くように働きます。

このように目は複雑な動きを絶えずコントロールしています。

目の筋肉も体の筋肉と同じように、使わなければ衰えていきます。

このように目の筋肉が衰えると、ますます視力は低下することになるのです。

つまり、視力を回復するのには目の筋肉を鍛えることが必要なのです。

そして、さらに注目していただきたいのが、「目と脳の関係」です。

目は、動いているものを的確にとらえ、ものを平面的ではなく、
奥行きや距離など立体的な形の情報としてとらえることも大切な役割です。

視力を回復させるには、目からの情報を認識する脳の働きをよくすることも
重要です。

視力と脳の働きは密接な関係にあり、
脳の働きを改善すれば、視力も回復できるのです。









視力は「回復」できます

視力は「回復」できます!「治せる」のです!手術しないで自宅でできる視力回復法をご紹介します。





posted by 視力回復 at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に

極端な場合は、幼稚園の頃からすでに目が悪くなってしまう人もいらっしゃいますが、そのほとんどに、“細かいものを、目をサラのようにして長い時間みていた”という共通点がみられます。

ゲームやテレビを見ている時には真剣になり、ほとんど瞬きをしない

「近視」「遠視」「乱視」「弱視」「老眼」といわれたことがある

姿勢が悪い

電車の中でゲームをする

暗いところで本やマンガを読む

テレビ見るのもいつのまにか近づいてしまっている

眼が赤くなっていることがある

顔を近づけて、物を見ることがある。




人間も「動物」。
だから、人間の目の構造も本来は遠くを見ることを主体にできているものです。

山で暮らして、山ばかりを眺めている人とか、海で生活し、遠くの海を眺めて生活している人が、目が悪くなることはほとんどありませんでした。

生まれたての赤ちゃんが、実は「遠視」だということをあなたはご存知ですか?

ハイハイして、やがて立ち上がり、成長していく過程で、だんだん近くの細かいものを見るようになります。
それに合わせて、目の調節力によって次第に「視力」を獲得し、近くのものが見えるようになってくるのです。
早い子で3歳くらい、遅い子でも小学校に入る頃には、1.0程度の視力を獲得します。

人間の視力は、生まれた時から目の調整力によって変化し、小学校に入る前くらいには落ち着きます。
その頃からの目の使い方の差によって、視力が悪くなる人とならない人がでてくるのです。

コンピューターゲームやインターネット、携帯メールなどなど。
子どもたちは外で遊ぶことを止め、ゲーム機器に夢中。
大人だってそうですよね。

視力低下の増加は、人間を取り囲む環境の変化に
大きな影響を受けています。
こうした環境の変化こそが
視力低下の大きな原因といっても過言ではありません。

現代人は、近くの細かいものを
眺める環境ばかりが多くなり、
それに伴って、視力が悪くなっている人が非常に増えているのです。
posted by 視力回復 at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手術しないで自宅でできる視力回復法をご紹介します。

手術しないで自宅でできる視力回復法をご紹介します。

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法








はじめまして。
視力向上委員会 本部千博です。

私は、眼科クリニックを開業している現役の眼科医師。
年間におよそ2万人の患者さんを診察しています。

視力は本当に治らないのか?
メガネやコンタクトは絶対に必要なのか?
レーシックみたいな手術をしなくても回復できないか?

私は本来、健康な目とは裸眼で一生を過ごすことではないかと考えています。

眼科医として研修をしていた時、メガネを掛けて、視力が1.0以上出れば、
それは問題なく、健康な目であるように教わります。

つまり眼球そのものは病気ではなく、単に屈折上の問題だけなのだと…。

そして多くの眼科医がそれに全く異議を唱えることもなく納得している現状があります。

しかし、現実にはメガネやコンタクトを装用し続けた結果、ますます視力低下が進行しています。

これが本当の健康指導なのかと今でも疑問に思っています。

とにかく患者さんを治したい一心で、私は長年、視力回復の研究を続けてきました。
患者さんの話をよく聞き、一つひとつの症例に対して研究と考察を積み重ね、


私のクリニックには、毎日大勢の人から、

「メガネが必要なくなりました」
「字がはっきり見えるようになりました」
「手術しなくてよかったです」

このようなうれしい声をたくさん頂いています。

以前、こんなご相談を受けたことがあります。


小学校まで成績優秀だった子が、中学校に入って急に成績が下がった。
塾にも通っているし、ゲームや漫画で遊び呆けているワケでもない。

全く原因がわからないので、本人を問いつめてみたところ、

黒板の字がほとんど見えていなかったことが判り、
お母さんは慌てて「担任の先生に事情を話して、一番前の席に替えてもらいなさい」
と言ったそうですが、子供は曖昧な返事しか返さない。
どうやら、先生に言うのが恥ずかしい様子。ちょうど、そういう年頃ですよね。
そこで、お母さんは直接、担任の先生に電話をかけてお願いしてみたそうです。

すると、先生からはこんな返答が……

「目の悪い子はクラスに大勢いるので、全員を前の席にするわけにはいかない」

とりあえずの応急処置として、できるだけ前の方の席に替えるようには取り計らって もらったようですが、眼科に行ってきちんとメガネを作ってくるようにと先生に言われ、私のクリニックを訪れて来たのです。

「担任の先生から、メガネを作ってくるように言われたのですが、本当にかけさせるべきでしょうか?」

メガネをかけたままでスポーツをするのは危険じゃないですか?
メガネをかけると、逆にどんどん視力が落ちてしまうということはありませんか?

この方だけに限らず、あなたにとって、視力の問題は悩みの種です。
現代人の多くが視力のことで悩んでいます。

でも、皆がそうだからといって、放ってはいけませんよね。
これからの長い人生、視力低下は日常生活にも大きな影響が出てしまいます。

しかし、あなたはこの手紙を読むことで、視力の悩みについての解決法を知ることになるのです。
そして、自分で簡単に視力を回復できるのです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法




1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法
posted by 視力回復 at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする